現在位置:Home > SEO > ブログを使った情報発信はボランティアではない



ブログを使った情報発信はボランティアではない

  • SEO

先日、サイト運営のスタンスと目指すべき方向性という記事で、有用なコンテンツを作る素晴らしさやメリットを解説いたしました。

ですが、有用なコンテンツを発信する側の本当のメリットが、上手に解説できなくて、グダグダになってしまった印象は拭えませんでした。

公開後、住太陽さんから、

コンテンツを作れば、必要としている誰かに検索され、有効活用してもらえます。

とはいえ、ボランティアではありません。

コンテンツを公開して、誰かの役に立つことにより、その対価として、評判や信頼を獲得するだけのお話です。

という記述に対し、
「記事の最後の方にある、ボランティアではない。公開することによって得をするか公開しているということが一番重要なポイントであり、理解できる人間にはそれが理解できるが、そこを掘り下げないとはどういうことか」
と、上記の記事に足りない点を指摘していただいたので、今回の記事で補足しておこうと思います。

情報発信のメリット

得をするために情報発信を行なっている

情報発信を行う理由は、趣味やボランティアではなく、発信している側の人間にもメリットがあります。

もちろん、趣味で運営されている方もたくさんいらっしゃると思いますが、何らかのメリットがあるので情報発信されていることが多いのは事実です。

例えば、ECサイトならば、商品を売るために商品の詳しい情報を発信します。
詳しい商品の詳細がユーザーに響けば商品が売れ、情報発信を行ったメリットを享受します。

アフィリエイトサイトの場合も、ほとんど同じで、検索ユーザーの悩みや疑問を解消する優れた情報を発信することにより、紹介している商品が購入され、アフィリエイト収入が入ります。

ウェブサイトで発信することにより、発信者が得をするという流れは、非常に重要です。

ウェブサイトが担っている重要な役割

ウェブサイトが持つ、最も重要な役割は利益を上げることです。

利益を上げることの重要さを理解し、最適化作業を行なっているサイトは多いと思います。

利益を上げる事に次いで重要な役割は、信頼を勝ち取ることです。

信頼を勝ち取るのに最も手っ取り早い作業が、情報発信を中心とした売り込みではないコンテンツになります。

売り込みに最適化すればするほど、信頼を勝ち取るのが難しくなります。

SEOの目的は、中・長期視点での評判の獲得ですので、信頼を獲得するためのコンテンツでは、売り込み色を極力排除するという考え方もいいでしょう。

顧客は腕の良い技術者や会社を探している

顧客となりうるユーザーは、信頼のおける技術者や会社を探しています。

SEOという業種は、その効果が蓋を開けてみるまでわからないという側面を持っています。

私と同じレベルの技術を持った人や、私よりも技術を持ったSEO技術者が、たくさんいることは間違いないでしょう。

しかし、その技術レベルは、外からは見えないものです。

評判を高めて、口コミで紹介されるというパターンはあるでしょうが、一般的な顧客は、インターネットで検索を行い、ウェブサイトの情報を見て判断します。

どの程度の実力を持っているのか、情報発信の内容で示さなければ、比較の対象にさえ入りません。

発信している情報の内容が、提供サービスのお品書きのようなもの

SEOは価格だけで判断できるサービスではありません。

安ければ安いほど良いものでもありませんし、高いところを選んだのに大した仕事もしてもらえなかったら目も当てられません。

どのようなアドバイスが受けられるのか、どのくらい技術を持っているのかという重要なポイントを可視化するのに最適なのが、情報発信の内容です。

SEOのサービスを求めている顧客は、何らかの問題を抱えています。

問題を解決するために何かいい方法はないのか? と血眼になって検索エンジンを駆使して、情報を仕入れ勉強されています。

様々なサイトやブログで勉強をし尽くしてそれなりに知識を得て、それでもなおお願いしたい技術を持っていると信頼できた人に依頼をするわけです。

  • アクセスを増やします
  • 売上を増やします

と、お品書きを書くだけでは、どの程度効果が期待できるのか、さっぱりです。

普段からノウハウや事例を公開することにより、どのようなサービス内容が期待できるのかというところが、顧客にわかりやすく理解して頂けるようになります。

価格競争に巻き込まれない

また、情報発信を行うことにより、「是非ともあなたにお願いしたい」と思って頂くことにより、無駄な価格競争に巻き込まれる心配もなくなります。

私は1日に数時間を、SEOやマーケティングの情報を仕入れ勉強を行ったり、ブログの記事を書いて情報発信する時間に使っています。

その数時間を仕事の時間に回し、新たな仕事をこなすという考え方もあるのですが、勉強や情報発信にも時間を使い、単価の高い仕事を選ぶほうが得だと判断して、このような時間配分にしています。

事実、今まで制作会社からの依頼や地元ネットワーク経由の仕事が主でしたが、ブログでSEO情報を発信することによって得た仕事というのは増えてきており、その単価は今までよりも高いものであることが多いです。

乱暴な言い方をすると、あまり儲からない仕事は断れるようになったということです。

「今回はこのくらいの価格でお願いしますよ」と、やんわりと値下げを迫られ、とはいえ、断ると一気に仕事が減ってしまうわけですので要求を受け入れる。

それの繰り返しで、気がついたら単価がどんどん安くなっていたという経験もありました。

単価は一度下がってしまうとなかなか上がりません。

仕事を選べるようになるというのは、情報発信を行った際の非常に強力なメリットといえます。

情報発信でリーチを広げる

そもそも、一見さんがサイトを見て、いきなりサービスの依頼を行ってくることはほとんどないでしょう。

様々な情報を発信することにより、様々な層にリーチすることにより、ある程度の時間を掛けご成約頂くということが多いです。

情報発信しているからこそ、ご成約頂いたパターン

  • 問題を解決に訪れたユーザーからの依頼
  • 情報発信で信頼してくれた方からの依頼

急にアクセスが減少してしまい、問題を解決するために訪れたユーザーが何度か、当ブログの記事を参考に問題を解決する。

しかし、まだまだ、問題点を抱えていそうなので、サイトの診断とコンサルティングをお願いしたい。

上記のような流れで、ご成約頂くことがあります。

情報発信することにより、何度か顧客を無料で助けた事により信頼を得て、成約に結びついたと考えることができるでしょう。

また、普段から情報発信を行うことによって、自分のレベルを示すことにより、お仕事をご紹介頂くことも多いです。

ありがたいことに、ウェブ制作の方や、SEO関係の方からも外注スタッフとしてお仕事を紹介して頂いています。

元は、地元ネットワークの口コミでしか仕事が入って来なかったわけですから、ウェブを活用してリーチを広げる効果を、身を持って体感しました。

ノウハウは公開してなんぼ

情報発信すると、ノウハウを無料で教えてしまうことになるので、商売の種がなくなってしまうと感じておられる方もいらっしゃると思います。

しかし、そんなことは些細な問題でしかなく、心配に値しません。

どれだけ情報を発信したところで、実践するのはほんの一部の方だけです。

9割くらいの方は、「なるほど」「ためになった」で終わります。

無料の情報は、所詮タダで手に入る情報として捉えられることが大半です。

ノウハウはいくら吐き出したところで、実践して役立てる人はほんの一握りしか存在しませんので、さっさと発信して自分の評判を高めることに利用するほうが得策です。

関連記事

フリーランスのSEOエンジニア
コンテンツにコツコツと追記を行ったサイトのアクセス倍増事例
ブログの書き方で重要な、ボリュームのある文章を書く記事作成方法
ホッテントリ入りしたことにより再認識したSEOの重要なポイント
住太陽氏のセミナー「Webクリエイターに足りない、本当のSEOスキル」の感想
オーソリティサイトとハブサイト
ブログを毎日更新し続けるために重要なポイントと私が失敗した理由
価値が低いと考えられるコンテンツの取り扱い方
ビッグキーワードとは
そこから一手間掛けてコンテンツの価値を大きく高める1つのポイント



コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://whitehatseo.jp/%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%9f%e6%83%85%e5%a0%b1%e7%99%ba%e4%bf%a1%e3%81%af%e3%83%9c%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%84/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ブログを使った情報発信はボランティアではない from SEOのホワイトハットジャパン

現在位置:Home > SEO > ブログを使った情報発信はボランティアではない

ページ最上部へ移動