現在位置:Home > SEO > 各種無料、有料ディレクトリ登録のSEO効果



各種無料、有料ディレクトリ登録のSEO効果

  • SEO

数あるSEO関連の質問の中でもよく聞かれるのが、ディレクトリ登録のSEO効果です。

Yahoo!カテゴリを始めとした、様々な有料のディレクトリ型の検索サービスや、Yomi-Search等で構築された無料のディレクトリ型の検索サービスが存在します。

有料のディレクト登録には審査料金という名目で費用が発生します。

無料のディレクトリ登録では、審査費用は発生しませんが、相互リンクが必須なサービスもありますし、スパマーに汚染されているディレクトリに登録をしてしまうと、自サイトがペナルティや自動ペナルティを課せられてしまう危険性も存在します。

今回は、各種ディレクトリサービスについて考えていきたいと思います。

ディレクトリ型検索サービス

有料ディレクトリ型検索サービス

有料ディレクトリ型の検索サービスは、人の手で審査を行われますので、おかしなサイトは登録されない仕組みになっています。

登録料と銘打ってしまうと、有料リンクとみなされてしまうため、あくまでも名目は審査料となっているのだと思われます。

審査料は比較的高価でYahoo!ビジネスエクスプレスの場合、一般的なサイトで52,500円、デリケートなジャンルのサイトは157,500円が掛かります。

それなりにいいお値段になっていますが、登録されても直接的なトラフィックの増加はほとんど期待できないでしょう。

現在の検索ユーザーの大半は、ディレクトリ型の検索サービスで検索を行うことはほとんどありません。

Yahoo!やGoogleといった、ロボット型検索エンジンで調べ物をします。

つまり、ディレクトリ型検索サービスは、ユーザーにほとんど利用されていないため、登録されてもディレクトリ経由で来られるユーザーの数は非常に少ないものとなっています。

ちなみに、Yahoo検索が独自の検索エンジンを搭載していた時には、Yahooカテゴリへの登録がYahooでの検索順位のシグナルの一つとして利用されていたようですが、現在Yahooが採用している検索エンジンの中身はGoogleのものですので、Yahooカテゴリへ登録されたからといって、Yahooの検索順位が向上するわけではありません。

メリット

  • 多少のインデックス促進効果はあるかも
  • あまりに怪しいサイトが登録されることはないので、巻き添えを食らうことはない

デメリット

  • 審査費用が高い
  • SEO効果を過度に期待してもおそらく裏切られる

無料ディレクトリ型検索サービス

世の中には個人や企業が運営している様々な無料ディレクトリ型検索サービス(野良ディレクトリ)が存在します。

Yomi-SearchというCGIによるプログラムが有名ですが、様々なリンク集のScriptが配布されています。

この無料ディレクトリ型検索サービスは、ユーザーが自分で登録可能なものや、申請を行ったあとにディレクトリの管理者が手動で承認作業を行うことによって、登録される仕組みのものがあります。

無料で使えるのはメリットのように感じますが、有効に活用されている無料ディレクトリ型検索サービスはほとんど見かけません。

有料のディレクトリ型検索サービスと同じく、検索順位を向上させる効果は、ほとんど期待できないでしょう。

サイトのテーマにあったジャンルで、しっかりと管理されている優れたディレクトリがあるならば、登録を検討してみる価値はあるかもしれませんが、そもそも、「良い」「悪い」を見極めるスキルが必要になってくるのが難しいところです。

また、現在はよく管理されている優れたディレクトリであっても、ある日突然、管理者が変更されたり、管理放棄で、スパマーの巣窟になってしまう可能性は否めません。

2年ほど前、とあるサイトで、懐かしの一発太郎を使って様々な検索サービスに一括登録したことがあります。

幸い自動ペナルティなどを課せられたりはしませんでしたが、登録されたからといって、検索順位向上の効果も感じられませんでした。

なお、野良ディレクトリに自動で登録を行うツールもありますが、質の低いディレクトリ型検索サービスへ大量に登録することは、非常に危険です。

興味本位で試してみたら、検索順位が大幅に下がってしまい、登録したサイトやパスワードもわからなくなって、打つ手がなくなったと嘆いている方もいらっしゃいました。

リスクの割に効果は限定的だと思いますので、野良ディレクトリへの登録はお勧めしませんが、自然リンクが獲得し難いサイトにどうしてもリンクを増やしたい場合、本当に良質だと自信を持っていえるようなディレクトリを厳選して登録するといいでしょう。

ツールで片っ端から登録するという方法は論外です。

メリット

  • 無料で登録できる

デメリット

  • 良いディレクトリと悪いディレクトリを見極めるスキルが必要
  • 良いディレクトリであっても将来的にずっと良質なディレクトリであるとは限らない
  • ツールを使っての大量登録はかなり危険

個人的な見解

そもそも、有料ディレクトリサービスも野良ディテクトリサービスも、検索順位を押し上げる効果はほとんどないはずです。

検索エンジンは、コンテンツの中身を評価して検索順位を上げます。

良いコンテンツを持っているサイトかどうかを判断するために、どこからリンクされているか、どれくらいリンクされているかを判断基準の一部として利用します。

登録申請を行なっていないサイトよりも、登録申請を行ったサイトのほうがコンテンツが優れていると検索エンジンが判断するとは思えません。

有料ディレクトリにせよ、お金を払えば審査に合格するようなリンク集であることは、検索エンジン側も理解しているでしょうから、検索ランキングを決める際にそれらからのリンクの重み付けはほとんどなされていないのではないかと思います。

多少のインデックス促進効果くらいはあるでしょうが、現在のGoogleは、Twitterでつぶやく、Fetch as Googleで送信するといった方法でも、速やかにインデックスしてもらえますので、インデックス促進自体のメリットも、ほとんどないといえるでしょう。

何万円も払ってディレクトリに登録するくらいなら、そのコストをコンテンツやキャンペーン、PPCに回すほうがよほど有意義です。

関連記事

SERPsの順位によるCTRや概要文によるクリック率を高める方法
ブログを使った情報発信はボランティアではない
サイト運営のスタンスと目指すべき方向性
コンテンツにコツコツと追記を行ったサイトのアクセス倍増事例
ブログの記事のストックを作るメリットとデメリット
ブログの書き方で重要な、ボリュームのある文章を書く記事作成方法
Webサイトの表示速度は速ければ速いほどいい
ホッテントリ入りしたことにより再認識したSEOの重要なポイント
SEOのフレッシュマンが悩んでいる22の質問に答えます
ブログを毎日更新し続けるために重要なポイントと私が失敗した理由



コメント:1

****** 16-09-13 (火) 19:14
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:3

このエントリーのトラックバックURL
http://whitehatseo.jp/%e5%90%84%e7%a8%ae%e6%9c%89%e6%96%99%e3%80%81%e7%84%a1%e6%96%99%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%ac%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%aa%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%81%aeseo%e5%8a%b9%e6%9e%9c/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
各種無料、有料ディレクトリ登録のSEO効果 from SEOのホワイトハットジャパン
pingback from 「ユニーバーサルアナリティクスのパブリックベータ開始」など先週のトピックまとめ | Re:very 13-03-25 (月) 7:00

[…] 各種無料、有料ディレクトリ登録のSEO効果 | SEOのホワイトハットジャパン […]

pingback from 効果が期待できそうな無料ディレクトリの探し方 | Re:very 13-03-29 (金) 7:00

[…] りリンクの事は書いてきませんでしたが、SEOのホワイトハットジャパンの各種無料、有料ディレクトリ登録のSEO効果という記事を読んで、自分なりに少し掘り下げてみようと思った次第で […]

pingback from 有料ディレクトリに登録すれば本当にSEO効果を得られるのか? | アフィリエイトJAPAN 13-10-10 (木) 11:46

[…] 参考記事:各種無料、有料ディレクトリ登録のSEO効果 […]

現在位置:Home > SEO > 各種無料、有料ディレクトリ登録のSEO効果

ページ最上部へ移動