現在位置:Home > WordPress



WordPress Archive

WordPressでRedirectionプラグインを使いURLをリダイレクトさせる方法

先日htmlで作られたサイトを順位を落とさずにWordPressに変更するの記事でサイトをリニューアルする際は、使っていたURLをむやみに変更しないほうが良いということを解説いたしました。

しかし、内部構造などを変更する際や、コンテンツを統合する際にどうしてもURLの変更が必要になってくるシーンもございます。

そのような場合、ユーザーが速やかに変更後のURLに移動できるように、また、検索エンジンにもページが移動したことを伝えるために301リダイレクトを必ず行いましょう。

WordPressをお使いならばRedirection(リディレクション)というプラグインを用いることにより、非常に簡単に301リダイレクトを実装させることができます。

今回はそんな便利なRedirectionで301リダイレクト(恒久的に移動)や302リダイレクト(一時的なリダイレクト)を設定する方法を解説します。

全文を読む» WordPressでRedirectionプラグインを使いURLをリダイレクトさせる方法

WordPressにContact Form 7メールフォームを導入する方法

WordPressをご使用になられている方ならプラグインを使用し簡単にメールフォームを設置することが可能です。

今回はメールフォームプラグインであるContact Form 7の導入方法と使い方、カスタマイズ方法を解説します。

当ブログのメールフォームもContact Form 7を利用しています。

使い方によってはいろいろと面白い使い方もできそうですので、是非導入してみてください。

全文を読む» WordPressにContact Form 7メールフォームを導入する方法

WordPressの404エラーページにランダムで画像を表示させる方法

先日、海外SEO情報ブログで品質の高い404ページが紹介されていました。

検索エンジンが404ページを見ているかどうかは不明ですが、流出した品質ガイドラインに準拠しながら行われると思われる人間の手による目視の品質チェックの場合はエラーページの出来も見るようです。
(目視でチェックが入り検索ランキングが上下するという意味ではなく、検索アルゴリズムが正しく品質の高いサイトと低いサイトを見分けられているかどうかをチェックし、アルゴリズムのアップデートに役立てられます)

検索エンジンが見ている、見ていないにかかわらず、面白みのない404ページよりも、面白い404ページや、訪問者をがっかりさせない404ページのほうがベターでしょう。

ユーザーのためにカスタム404ページを準備しておいたほうがいいと頭では分かっていても実行しないサイト管理者が多いはずです。

私も例に漏れず、いつかやろうと思いつつ忘れ去っていましたが、せっかくなのでこの機会にブログのネタにオリジナルの404ページを作成してみました。

作成したSEOのホワイトハットジャパンオリジナルの404エラーページの画像です。

ユーザーの利便性を考えた404ページを作ろうとも思いましたが、当サイトはブログですのでサイドバーやトップのナビゲーションバーのメニューやサイト内検索を使ってもらえれば事足りることですので、過去に貼った画像を404向けに少しだけアレンジして表示させることにしました。

ただ画像を表示するだけでは面白くありませんので、今回はプラグインを使い毎回違う画像をランダムで表示させる方法を解説したいと思います。

全文を読む» WordPressの404エラーページにランダムで画像を表示させる方法

ツイッターカードをWordPressで設定し概要を表示させる方法

ツイッターカード(Twitter Cards)というTwitter内に概要や画像を表示させることが出来る仕組みが導入されたようですので、私も早速、設定を行ってみました。

私のブログはWordPressを利用しているため、プラグインの設定で簡単に表示させることが出来ました。

ツイッターカード(Twitter Cards)の表示事例。概要が表示されページの内容がわかりやすくなっています。
(画像はクリックで拡大)

上の画像はツイッターカードを設定することにより、概要が表示されるようになったことによる見た目の変化です。

中央で場所を大きくとっているのがツイッターカードを設定したURLを含むTweetです。

その上とその下は、通常のつぶやきとなっており、見た目の大きさがかなり違うことが一目でわかります。

しかし、JanetterやCrowy、ついっぷるのようなTwitterクライアントでは2012年9月11日現在対応されておりませんし、本家のTwitterでも、普段はたたまれていて概要を表示をクリックしない限り開きませんので、未導入のURLのサイトと比較した場合に目立つというメリットはあまりありませんが、今後その他のTwitterクライアントがどのような方法で実装してくるかによって目立つかどうかが変わってくるとは思いますので、設定しておいて損はないと思います。

では、今回はTwitter Cardsの申請方法と、WordPressに簡単に導入する方法を解説していきたいと思います。

全文を読む» ツイッターカードをWordPressで設定し概要を表示させる方法

Yoastプラグインを使いセクションでG+と紐付け検索結果に著者情報アイコンを表示させる方法

以前、検索結果に著者情報のリッチスニペットを載せる方法で著者情報の表示の方法をお伝えしましたが、本日検索結果にアイコンが出現したところを確認できた為ご報告いたします。

検索結果にアイコンが表示されることにより、一度訪れたファンの方のクリック率は向上するでしょうし、一定の信用も得られるのではないでしょうか。

前回の記事では、実際の写真ではなく、TwitterやFacebook,Google+にてTwitterやFacebook,Google+などで使っていたアイコン。「白」と一文字で表現されている。アイコンを共有で使っていたのでリッチスニペットに表示されませんでした。

どうやら実際の顔写真を使わないと著者情報には表示されないようです。

参考記事:http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=1408986

はっきりと識別できる顔写真をプロフィール写真として設定する必要があります。

とありますので、「白」アイコンでは表示されなかったようです。

(イラストで表示できている例もあるようですが、Googleの意図する表示ではないと予想されますので、実際の顔写真を利用されるのが良いと思います)

今回、プロフィールの画像を顔写真を設定しスニペットに著者表示させることに成功しました。

全文を読む» Yoastプラグインを使いセクションでG+と紐付け検索結果に著者情報アイコンを表示させる方法

WordPressで肥大し続けるリビジョンを管理してすっきりさせる方法

WordPress2.6から導入されたリビジョン機能。

自動で投稿の編集中に記事の内容をバックアップしてくれる便利機能です。

記事を更新したはいいけど、やっぱり過去の記事に戻したい場合や、突然ブレーカーが落ちた時などに途中まで書いていた記事を全て失ってしまわない為の機能であり、そういうシーンに遭遇した時にはありがたいものなのですが、私のように1記事に何時間も掛けて記事を作成する人の場合、とてつもない数のリビジョンがどんどん溜まっていってデータベースを圧迫します。

突然の電源消失で書いている最中の記事を失うリスクはともかく、私の使い方ですと過去の記事に戻したくなるシーンというのがいまいち頭に浮かびません。

今回は溜まったリビジョンを削除するプラグインと、リビジョン自体を無効にするプラグインを紹介します。

全文を読む» WordPressで肥大し続けるリビジョンを管理してすっきりさせる方法

FollowMeプラグインにMixiを追加してrel=”me nofollow”を付ける方法

当ホワイトハットジャパンブログでも使っている、FollowMeプラグイン。

Follow Meプラグインの効果で出現しているソーシャルリンク

 

画面の右の方にある、FollowMeというボタンを押すと、各種SNSやRSSへのリンクが表示される仕組みになっています。

当ブログはSEO関係のブログということで、Mixiへのリンクはあまり関係が無いので載せておりませんが、女性向けやリア充(とてもリアルが充実している人)向けのブログの場合、今でもMixiは有力なSNSの一つです。

しかし、Follow Meプラグインは、デフォルトの状態ではMixiに対応していません。

というわけで、今回はFollow Meプラグインに少々手を加えて、Mixiへのリンクを張れるように改造してみましょう。

また、応用すれば他のサービスへのリンクを張ることも可能です。

また、意味があると考えるか、無いと考えるかは人それぞれなのですが、私はサイト(ドメイン全体)の関連性と外部の発リンクの関連性も何らかの形で検索順位に関わってくるのではないかと考えておりますので、SEO関係以外の事もつぶやいているTwitterアカウント等に対してのa要素のrel属性にnofollowの属性値をつけたいので、少々改造を施してrel=”nofollow”を付けたいと思います。

全文を読む» FollowMeプラグインにMixiを追加してrel=”me nofollow”を付ける方法

Akismetを有効化してスパムコメントを防ぐ設定とAPIキーの取得方法

WordPressをインストールすると最初から入ってくるプラグインAkismetの設定方法を解説します。

このプラグインはWordPressインストール直後に入れておきたい21個のプラグインの記事でも紹介したアンチスパムプラグインです。

多くの方は既に導入済みだとは思いますが、WordPressをインストールしたばかりで仕組みがよくわからない方はこの記事を見ながら導入してみてください。

実際の画像を用いて解説していきますので、見ながら導入して頂ければ必ず導入に成功すると思います。

慣れれば数分もあれば完了する作業となりますので、面倒臭がらず作業をする事をお勧め致します。

全文を読む» Akismetを有効化してスパムコメントを防ぐ設定とAPIキーの取得方法

Vicuna.ExcとWordPress SEO by Yoastのdescription重複問題

現在、当ブログで使用中のテーマはVicuna CMSの改造版である、wp.Vicuna.Excです。

見た目もシンプルで格好が良くて、WP内の設定で簡単に2カラムにしたり、3カラムにしたり、サイドバーを右に持ってきたり左に持ってきたりも出来て、ソースも美しい。しかも無料という、素晴らしいテンプレートです。

しかし、導入直後の設定では、SEO機能を強化するプラグインである、WordPress SEO by Yoastの吐き出すmeta descriptionの内容と、Vicuna単体が吐き出すmeta descriptionの内容が2重に吐き出されて、WP SEO by Yoastで設定した内容が反映されないという事象が発生します。

少しソースを編集するだけでVicuna側からはmeta descriptionの内容を吐き出さないように設定できますので、Vicuna使いの皆さんは是非、この設定をやっておきましょう。

なお、All in One SEO Packを使っている方も同じ問題が発生すると思われますので、是非参考にしてください。

全文を読む» Vicuna.ExcとWordPress SEO by Yoastのdescription重複問題

WordPressインストール直後に入れておきたい21個+αのプラグイン

前回の記事ではWordPressをサーチエンジンに最適化させる基本設定を解説しました。

その状態でもSEOに強い素晴らしいブログになってはいるのですが、プラグインを導入することによって、更に便利で高性能なシステムを構築することができます。

「こんなこといいな。できたらいいな」という機能を思いついたら検索エンジンで検索してみれば望みの機能を備えたプラグインが見つかることが多いです。

例えばWordPressの表示速度の遅さを改善したい場合なら、GoogleやYahoo検索で「WP プラグイン 高速化」といった感じで検索すれば、きっとぴったりのプラグインの紹介ドキュメントが見つかります。

プラグインの豊富さこそがWordPressの最大のメリットといっても過言ではなく、難しい機能も比較的簡単に導入できますので、初心者でも簡単にWordPressをカスタマイズできます。

SEOのホワイトハットジャパンのブログでも色々なプラグインを導入し便利な機能を追加していますので、特にお勧めのプラグインを紹介していきたいと思います。

全文を読む» WordPressインストール直後に入れておきたい21個+αのプラグイン

【初めてのWordPress】初期設定をSEOに有利な設定に変更しよう

前回の記事ではWordPressのテーマの設定方法を解説しました。

今回はお薦めの基本設定を解説していこうとおもいます。

WordPressは初期設定の状態でもSEO的な観点から見ると有利なCMSです。
しかし、基本設定をほんの少しこだわるだけで、更に検索エンジンに有利な仕組みが作れます。

今回設定する項目

今回はこの6つの設定をやっていきたいと思います。
とはいっても、初期設定でokの項目もありますし、難しい物ではないので、一度ご確認ください。

ちなみに、この中でSEO的に最重要なのは、パーマリンクの設定です。
お見逃しなきよう。

画像はクリックで拡大されますので、気になる画像があれば大きくして閲覧してください。

全文を読む» 【初めてのWordPress】初期設定をSEOに有利な設定に変更しよう

【初めてのWordPress】WPにテーマ(テンプレート)を適用させよう

さて、前回の初めてのWordPressでは、エックスサーバーにWordPressをインストールするところまで説明いたしました。

ここからは自由に作業してもらえばいいのですが、テーマ(テンプレート)を変更して好みの見た目にしたり、便利なプラグインをあらかじめ導入しておいて更にSEOに強くしたり、管理を楽にすることもできます。

今回はプラグインより先に、テンプレートを導入してみたいと思いますが、サーバー設定→WordPressインストール→テンプレート設定→プラグイン設定→WordPress詳細設定までが一連の流れとなっています。

全てを終らせて導入完了だと思ってください。

導入する方法はWordPress管理画面からテーマを直接選んで導入する方法と、テーマの配布先からダウンロードしてきてアップロードし適応する2種類の方法があります。

見た目で選びたい場合、管理画面から直接テーマを選んで気に入った物を選ぶといいでしょう。

ホワイトハットジャパンではソースが美しく初心者にも管理がしやすく、また、SEOにも強い無料テーマという理由でwp.Vicuna(公式サイトがなくなってしまい、オールドドメイン利用のスパムサイトに変更されていたためリンクを外しました)の改造版であるwp.Vicuna.excを使っています。

Vicunaは管理画面から直接選んでインストールすることはできませんので、ファイルをダウンロードし手動でアップロードし適用させます。

今回はどちらの方法も解説していきたいと思います。

2015年4月4日追記:Vicunaは良いテーマだったのですが、公式サイトは閉鎖されてしまっていますし、レスポンシブ・ウェブデザインにも対応ですので、今使うのでしたら他のテンプレートのほうが良いかと思います。

例えば賢威6.2ならSEOにも強くレスポンシブ対応ですし、賢威コミュニティも利用できます。無料のテーマですとSTINGER5が評判良いようです。

全文を読む» 【初めてのWordPress】WPにテーマ(テンプレート)を適用させよう

【初めてのWordPress】エックスサーバーにWPを簡単にインストールする方法

シリーズ、【初めてのWordPress】第2弾の記事になります。

前回の記事でお名前.comでドメインを取得し、エックスサーバーにDNSの設定を向けました。

まだご覧になっていない方は、【初めてのWordPress】ドメインを取得してライバルに差をつけよう の記事を読んでからこちらの記事をご覧になる事をお薦め致します。

今回の記事では、WordPressのインストール完了までの作業を解説していきたいと思います。

前回の解説したドメイン取得とサーバーの設定も、記事の内容を見ながら行って頂ければ決して難しい作業ではなかったかと思います。

今回も前回同様、画像も用いながら詳しく解説していきますので、非常に簡単に導入することが出来るかと思います。

本記事を見ながら順番に進めていけば、あっけなくインストール成功することでしょう。

追記:手動インストールのやり方も解説しました。→XserverにWordPressを手動インストールする手順

全文を読む» 【初めてのWordPress】エックスサーバーにWPを簡単にインストールする方法

【初めてのWordPress】ドメインを取得してライバルに差をつけよう

SEOのホワイトハットジャパンでは、独自ドメインとWordPressを用いたブログを推奨しています。

今回から数回にわたり、初心者でも簡単に独自ドメインとWordPressを導入し、テンプレートやプラグインを導入しチューニングできるように、画像付きでわかりやすく解説していきたいと思います。

以前の記事で、SEOにWordPressが有利なその理由とはという記事と、独自ドメインのブログが無料レンタルブログより有利な色々な理由という記事を書いていますので、まずはそちらからご覧ください。

なお、独自ドメインの取得はお名前.com。使用するサーバーはエックスサーバーで行いますので、別のサーバーや別のドメインレジストラを利用する場合は、そちのらサイトの説明や解説サイトを参考に読み替えてください。

エックスサーバー以外のサーバーを検討したい方は、レンタルサーバー比較の記事をご覧くださいませ。

全文を読む» 【初めてのWordPress】ドメインを取得してライバルに差をつけよう

WordPressが使えるサーバー比較。失敗しないサーバー選び

レンタルサーバー比較

私は現在、メインのレンタルサーバーにエックスサーバー、サブのサーバーにXreaを使っています。

お薦めはなんといっても簡単に管理できて、サーバーの安定度もずば抜けているエックスサーバーなのですが、月額1050円はちょっと抵抗がある。 という方もいらっしゃると思います。

そこで、エックスサーバーの素晴らしい点や、それ以外の選択肢も出して、納得の行くサーバー選びをして頂きたいと思います。 全文を読む» WordPressが使えるサーバー比較。失敗しないサーバー選び

SEOにWordPressが有利なその理由とは

私がインターネットの世界へ足を踏み入れた時代にはWeblog(Blog)という物は存在していませんでした。
当時はWebサイトと言えばhtmlで作成していくのが一般的で、ホームページビルダーや、PageMillを使ったり、「通はやっぱりメモ帳に直打ちだよね」といった感じで、それは質素なWebサイトを作成していました。

しかし、htmlを作成しFTPで接続しアップロードする。
そのような作業は簡単な作業ではあるのですが、やっているうちにそれも面倒になってきました。

なので、その作業を少しでも短縮すべく、BBSのCGIScriptを少々いじくって、自分専用の日記を作ってその手間を少しでも省いていました。

その後に、日記専用のScriptが配布されたり、日記の無料レンタルサービスなど始まり、その後にBlogが流行しました。

Blogが一般に浸透し始めた頃の私は、知識がなくても簡易的な自分の日記が持てるという程度の認識しかもっていませんでした。

当時既に独自ドメインをもちいたhtmlサイトで長期運営していたこともあり(マネタイズは皆無の趣味サイトです)、htmlが書けるのならBlogは不要だと思っており、手を出していませんでした。

その後に、契約していたISP(インターネットサービスプロバイダ)が、ISP会員が無料で使えるBlogサービスを開始したので試しに使ってみたところ、案外便利で面白いということがわかりました。

早速独自ドメインで運用すべく、当時自室で動かしていたDebian GNU/LinuxのサーバーにtDiaryをインストールして「これは便利だ」と思いながらも、tDiatyはいわゆるBlogとCGIの日記プログラムの中間あたりの位置づけのような存在だったので、本格的なBlogをインストールしてみようと思い、NucleusとMovableTypeをインストールしました。 全文を読む» SEOにWordPressが有利なその理由とは

3 / 3123

現在位置:ホーム > WordPress

ページ最上部へ移動