現在位置:Home > Movable Type > エックスサーバーにMovable TypeやMTOSを手動インストールする方法



エックスサーバーにMovable TypeやMTOSを手動インストールする方法

先日、Movable TypeのメリットやMTとMTOSの違いの解説記事を書きましたが、今回はMovable TypeとMovable Type Open Source(MTOS)のインストール方法を解説していきたいと思います。

今回はエックスサーバーを利用してMovable  TypeとMovable Type Open Sourceをインストールしていきますが、他のレンタルサーバーでも似たような方法でインストールが可能ですので、是非、参考にしてください。

まだサーバーを選択されていない方はサーバー比較。失敗しないサーバー選びの記事を参考にしてみてください。

上記のサーバーは全てMovable TypeやMovable Type Open Sourceがインストール可能になっています。

なお、エックスサーバーでは一部、手動でcgiファイルを作成しなければならないところがありましたので、そちらも解説致します。

エックスサーバーでのMT5.2のインストールにハマってしまっている方は、是非参考にしてみてください。

Movable TypeとMTOSインストールの手順

Movable Type(MTOS)を手動インストールする

Movable Type(MTOS)の入手

まずはサイトにて、お好みのMovable Type、Movable Type Open Sourceをダウンロードします。

ダウンロード先

今回の記事ではMovable Typeの個人無償ライセンスをダウンロードしてインストールしてみます。

Movable Typeの個人無償ライセンスとMovableType本体のダウンロード解説画像

ダウンロード先へ飛んで、[個人無償ライセンス ダウンロードページ]をクリックします。

 

Movable Type 5.2のダウンロードの方法の解説画像

規約をよく確認した後、メールアドレスを入力して、[上記に同意して申し込む]をクリックします。

 

Movable Type 5.2のダウンロード方法の解説画像

お好きなVer.のMovable Typeを選択してダウンロードします。

今回は最新版のVer.5.2をダウンロードしました。

ファイルのアップロード

ダウンロードしたMovable Type 5.2をデスクトップに解凍

ダウンロードしたMovable Typeを解凍します。

今回はわかりやすく、デスクトップに解凍してみました。

 

アップロードしたファイルの並び替える解説画像

FTPクライアントを使い、任意のディレクトリに中身を全て転送させます。

今回は/public_html/mt/というディレクトリを作成し、転送させます。

今回はFileZillaを使って転送しました。

ファイル数が非常に多いので、FFFTPだと途中で失敗してイライラするかもしれませんので、FilleZillaのご利用をお勧めします。

パーミッション変更

ファイル名▽と書かれた下向き三角をクリックして、ファイル名でソートします。

そして、拡張子が.cgiになっているファイルを全て選択して右クリックします。

そして、右クリックをして、[ファイルパーミッション]を選択します。

cgiファイルのパーミッション設定の解説画像

エックスサーバーではcgiファイルはパーミッション700で動作します。

セキュリティ的に強いのは700>705>755の順番になります。

セキュリティを高めるために700にしましょう。

700で動作しないサーバーなら705。705でも動作しないサーバーなら755とすると良いでしょう。

同じように、 [mt-static]というディレクトリのパーミッションも変更します。

エックスサーバーでは[mt-static]は705に設定します。

705で動作しないサーバーの場合、777にしてください。

MySQLの設定

データベースの追加

Movable Typeをインストールする際のエックスサーバーのMySQLの設定を解説する画像
(画像はクリックで拡大)

まず設定対象のドメインの変更というボタンの上にある下向き三角をクリックして、設定対象ドメインの変更をクリックします。

現在の設定対象ドメイン:がMovable Typeのインストールしたいドメインになっているのを確認したら、MySQL5設定をクリックします。

 

XserverにMovable Typeをインストールする際のMySQLの設定解説画像

MySQL5設定の画面に入りました。

[ MySQLの追加 ]をクリックします。

エックスサーバーにMySQL5のデータベースを作成するための手順を解説している画像

今回はアカウント名_mt1 としました。例:example_mt1

フォームにmt1と入力し文字コードUTF-8を選択したら、MySQLの追加(確認)をクリックします。

 

エックスサーバーのMySQL5にデータベースを追加する解説画像

[MySQLデータベースの追加(確定)]をクリックしたら、データベースの追加完了です。

ユーザーの追加

エックスサーバーのMySQLにユーザーを追加する方法の解説画像

次にユーザーを追加します。

[MySQLユーザの追加]をクリックし、ユーザIDの発行の設定を行います。

MySQLユーザID:アカウント名_mt1

ホスト名:自動であなたの使えるホストが表示されていると思いますので、特に編集する必要はありません。外部のMySQLサーバを使う際に必要になります。
ホスト名は後のインストールの時に必要になりますので、メモしておくと良いでしょう。

パスワードを入力し、確認用のパスワードも入力したら、[MySQLユーザの追加(確認)]をクリックします。

その次に[MySQLユーザの追加(確定)]をクリックしたら、ユーザの追加完了です。

エックスサーバーのMySQL5にユーザーを追加させる方法の解説画像

MySQL5設定の[ MySQLの一覧 ]をクリックし、アクセス権未所有ユーザの下向き三角をクリックして、先ほど作った(アカウント名_mt1 )を選択して、[追加]をクリックします。

ここまで設定が完了できたら、次はインストール作業です。

インストール作業

エックスサーバーにMovable Type5.2をインストールする解説画像

ファイルを編集したディレクトリにアクセスしましょう。

今回の例ですと、http://example.net/mt/になります。

アクセスしたら[Movable Type システム・チェック(mt-check.cgi)]のリンクをクリックします。

 

mt-check.cgiのテスト画像

画面の一番下までスクロールさせて、Movable Typeを利用できます。 と書かれていたら、インストール要因を満たしていますので、一旦、http://example.net/mt/に戻りましょう。

 

Movable Type 5のインストールウィザード画面

次にMovable Type にサインイン という青いボタンをクリックします。

 

Movable Type 5.2のインストールウィザード解説画像

言語を選択し、開始をクリックします。

しかし、エックスサーバーの場合、開始をクリックしてもウィザードが進みません。

どうやら、エックスサーバーはインストールウィザードに対応していないようです。

ですので、mt-config.cgiを自分で作成することにします。

mt-config.cgiの作成

CGIPath http://yourdomain.com/mt/
StaticWebPath http://yourdomain.com/mt/mt-static
ObjectDriver DBI::mysql
Database yourid_mt1
DBUser yourid_mt1
DBPassword yourpassword
DBHost mysql99.xserver.jp
DefaultLanguage ja

上記を内容をテキストエディター等で、mt-config.cgi というファイル名で保存します。

yourdomain.com は貴方のドメイン名に書き換えてください。

yourid_mt1 はMySQL5設定で作ったDB名に書き換えてください。

yourpassword はMySQLのユーザーのパスワードに書き換えてください。

mysql99.xserver.jp はあなたの使っている先ほどメモしていたMySQLのホスト名に書き換えてください。

 

MovableType5.2のインストール解説

Movable Typeを転送したディレクトリにもう一度アクセスします。例:http://example.net/mt/

サインインすればこの画面になると思います。

  • ユーザー名
  • 表示名
  • 電子メール
  • パスワード
  • パスワード確認

上記の内容を入力したら、[次へ]をクリックします。

 

エックスサーバーにMovable Type 5.2をインストールする設定。ウェブサイト作成画面。

  • ウェブサイト名
  • ウェブサイトURL
  • ウェブサイトパス
  • テーマ
  • タイムゾーン

上記を設定し、[インストール]をクリックします。

 

エックスサーバーにMovable Type 5.2をインストールする手順。インストール完了画面。

インストールが完了したら[Movable Type にサインイン]をクリックします。

 

Movable Type 5.2 ダッシュボードの画面

以上でインストールは完了です。

お疲れ様でした。

 

関連記事

Movable TypeとMovable Type Open SourceとWordPressを比較
SEOにWordPressが有利なその理由とは
独自ドメインのブログが無料レンタルブログより有利な色々な理由
【初めてのWordPress】ドメインを取得してライバルに差をつけよう
私が愛用している無料で使える素敵なWindows用のフリーソフト13個
RSSの購読者数を調べよう。購読者数もサイト評価の指標になる?
【ホワイトハットSEO入門その1】サイトを作成するまでに決めておくべき項目
外部リンクを張るとSEO(検索ランキング)に不利?発リンクの利点
サテライトサイトを作る場合、独自ドメイン.サブディレクトリ.サブドメインのどれがベストか
最近のGoogle SEO対策では内部対策の重要性が増しているのか



コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://whitehatseo.jp/xserver%e3%81%abmovable-type%e3%82%84movable-type-open-source%e3%82%92%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%99%e3%82%8b%e6%89%8b%e9%a0%86/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
エックスサーバーにMovable TypeやMTOSを手動インストールする方法 from SEOのホワイトハットジャパン

現在位置:Home > Movable Type > エックスサーバーにMovable TypeやMTOSを手動インストールする方法

ページ最上部へ移動