現在位置:Home > ウェブサイト運営



ウェブサイト運営 Archive

GoogleリーダーからFeedlyへと移行する方法

2013年の3月に突如言い渡された、Googleリーダーのサービス終了アナウンス。

Googleは今までにも、不人気なものはさっさと切り捨てていましたが、Googleリーダーは私も含め、愛用者は少なくないウェブサービスですので、これが使えなくなると非常に不便になります。

私はSEO関連のブログの情報を取得している程度ですので大変困るというほどでもありませんが、日々の情報収集にGoogleリーダーを活用されていた方は代替案を考える必要があるでしょう。

「Googleリーダーが無くなっては困る!」

という意見がそこかしらで見られたため、Googleが考えなおしてくれるのではないかと甘い期待を持っていましたが、どうやらGoogleはそのあたりはシビアだったようです。

Googleリーダーは終了するという画面表示

2013年の7月1日に利用不可能になるのでデータをバックアップしておいてくださいね といった表示がされます。

この記事を書いている2013年6月17日の時点で出現しているのですから、Googleリーダーの存続は絶望的ともいえそうです。

突然使えなくなっても困りますので、今回の記事はFeedlyというGoogleリーダーに近い感じで使うことができるクラウド型のRSSリーダーへの移行の作業を解説します。

全文を読む» GoogleリーダーからFeedlyへと移行する方法

フッターに設置しているCopyright表記の年度は2013年に変更しよう

新年一発目の更新作業は、フッター付近に設置されることの多いコピーライト表記の書き換えを行う方も多いと思います。

Copyright © 1999-2013  スライムベスがあらわれた。コマンド? All Rights Reserved.

といった感じで記述されているのですが、新年早々ならともかく、何ヶ月も経って1999-2012のままになっていると、更新を放棄されたサイトに見えてしまって格好が悪くなってしまいます。

まずはご自身のサイトにアクセスし、最新の年度表記になっているか確認しましょう。

WordPressの場合、footer.phpを編集し、最新の年度に書きかえるのですが、せっかくなら自動で最新の年度に書き換わるように細工を行いましょう。

ブログのフッター部分にあるコピーライト表記の画像

今回の記事では、コピーライトの年度の書き換え方と、コピーライト表記で使う<p>タグ、<address>タグ、<small>タグの違いを解説いたします。

全文を読む» フッターに設置しているCopyright表記の年度は2013年に変更しよう

【悲報】Google Apps 無償版の新規受付が終了

先日、ツイッターのタイムラインを眺めていると、とても残念なお知らせが目に入りました。

[oEmbedTweet 276979584300376064]

私が現在使っているメールはすべて無料で使えるGoogleAppsを利用しています。

以前にはGoogleAppsを利用し独自ドメインでメールを運用する方法という記事で導入の解説も行ったほどです。

メールの内容をGoogleに預けるのが嫌だという意見もありますが、私の中ではGoogleのサーバに預けておく安心感や、強力な検索機能を使える利便性が、Googleに多少の個人情報を預けるデメリットを超えていた為愛用しておりました。

今回、無償版の新規受付が終了したようです。

全文を読む» 【悲報】Google Apps 無償版の新規受付が終了

メールフォームプロCGI3.2.1をエックスサーバーにインストールする方法

当ブログではお問い合わせフォームにWordPressプラグインのContact Form 7を使っています。

簡単に導入できて設定もある程度自由に変更できる素晴らしいプラグインです。

しかし、WordPressのプラグインであるために、通常のHTMLで作成されたサイトや、他のCMSで作られたサイトに使うことができません。(メールフォームのためだけにWordPressをインストールするのはナンセンスですよね)

今回は無料で使えて高性能なメールフォームプロ3.2.1をエックスサーバーに導入する手順を解説してみたいと思います。

メールフォームプロ3.2のイメージ画像
http://www.synck.com/contents/download/cgi-perl/mailformpro.html

このプラグインはCGIとSendmailが動くサーバーなら大抵のところで動作すると思います。

CGIとSendmailが動くサーバーを契約されていない方はWordPressが使えるサーバー比較。失敗しないサーバー選びの記事を参考にしてください。(ここで紹介されている全てのサーバーでCGIとSendmailは動きます)

このプラグインはさほど導入も難しくなく、ものすごく多機能なメールフォームです。

全文を読む» メールフォームプロCGI3.2.1をエックスサーバーにインストールする方法

ウェブマスターツールの登録と導入方法

ウェブマスターツールはGoogleが無料で提供しているサイト管理用ツールです。

このツール以外では見られない貴重なデータや、サイトに何か問題があった際に通知してくれる機能、新しいコンテンツを速やかにインデックスしてもらいたい時に使うFetch as Google、不自然な外部リンクを無効化される「リンクの否認」ツールなど、様々な便利な機能が搭載されています。

アクセス解析とウェブマスターツールの記事で解説していますが、これら2つのツールはウェブ管理者にとって必須のツールだと言っても過言ではありません。

ウェブマスターツールの導入作業自体は比較的簡単な部類にはいるのですが、Googleフォーラムを見ている感じ、定期的に導入の方法がわからないという質問があがります。

今回はウェブマスターツールの導入方法を画像付きで詳しく解説していきたいと思います。

なお、Google Analyticsの導入方法に関してはGoogle Analyticsを設置して詳しいアクセス解析を行おうの記事をご覧ください。

全文を読む» ウェブマスターツールの登録と導入方法

Google Analyticsを設置して詳しいアクセス解析を行おう

ウェブサイトを運営するときに特に重要となるのがアクセス解析のデータです。

  • 自サイトのどのようなコンテンツが人気を得ているのか
  • 人気がないコンテンツの理由はなんのか
  • どんなユーザーが訪れているのか
  • どんなキーワードで流入しているのか

様々な分析が可能になるツールがアクセス解析ツールです。

多くのウェブマスター達はアクセス解析にGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)を使っていると思います。(私はずっとアナライティクスと呼んでいましたが、アナリティクスが正しい読み方のようです)

まだ、登録、設置なさっていない方は、いますぐ導入を検討してみてください。
アクセス解析のデータは設置してから収集されていくものですので、様々な検討や判断が可能になるほどのデータが集まるまで、一定の時間を要します。

1日でも早く設置しておくほうがいいのです。

今回の記事ではGoogle Analyticsの導入方法を画像付きで詳しく解説していきます。

全文を読む» Google Analyticsを設置して詳しいアクセス解析を行おう

GoogleAnalyticsを英語から日本語に設定変更する方法

GoogleAnalyticsを登録してみたは良いが、日本語にならないで困っているというコメントを頂いたので、GoogleAnalyticsの登録方法と日本語への変更方法、それと、Analyticsの削除の方法を解説します。

アクセス解析ツールであるGoogleAnalyticsとは何なのか?という初心者の方は、【ホワイトハットSEO入門その2】アクセス解析とウェブマスターツールを導入しようの記事をご覧になってください。

確かに言われて見れば、今年の頭にホワイトハットジャパンブログを開設し、Analyticsを設置する際、英語になっており、日本語に戻す設定方法がいささかわかり辛かった印象がありました。

きっと他にも困ってらっしゃる方はおられるでしょうから、実際にアカウント取得から日本語にするまでの操作をスクリーンショットを撮影しながらやってみました。

やって行って思ったのですが、Analyticsのアカウントを削除するのも、少々ややこしい場所にありましたので、Analyticsの削除方法までを解説していきたいと思います。

全文を読む» GoogleAnalyticsを英語から日本語に設定変更する方法

【ホワイトハットSEO入門その2】アクセス解析とウェブマスターツールを導入しよう

前回のホワイトハットSEO入門では、サイトを立ち上げる際に決めて起きたい項目を解説いたしました。

前回の記事:【ホワイトハットSEO入門その1】サイトを作成するまでに決めておくべき項目

今回は、サイト設計が終わり、サイトの準備までは終わっている方を対象にお送りいたします。

アクセス解析ツールや、Googleウェブマスターツールはサイトの運営を始めてからおいおい設置していってもいいのですが、アクセス解析のデータを初期の頃から蓄積させる為や、思いも付かない問題点の早期改善にも役立ちますので、出来る限り早い段階で導入するのが好ましいです。

全文を読む» 【ホワイトハットSEO入門その2】アクセス解析とウェブマスターツールを導入しよう

私が愛用している無料で使える素敵なWindows用のフリーソフト13個

私はほとんどの作業をWindowsで行っています。

昔はVineLinuxやDebian、UbuntuなどのLinuxをデスクトップで使っていたこともありますが、個人的な意見ではありますが、マニア向けのおもちゃといった感じでした。

確かにWindowsで出来るようなことは一通りできるのですが、Windwosを持っていたら使う事もないかなといった程度でした。

個人の知識、力量の差や慣れの問題かもしれませんが、Linuxはどうもかゆい所に手が届きません。(サーバー用途は別)

今回は私がWeb作成やブログの記事を書く時に使っているWindows用の素敵な無料ツールを紹介します。

全文を読む» 私が愛用している無料で使える素敵なWindows用のフリーソフト13個

GoogleAppsを利用し独自ドメインでメールを運用する方法

独自ドメインを取得すると自分の好きなメールアドレスを設定できます。

XServerなどのレンタルサーバーを利用してもいいのですが、私は強力なスパムフィルターが付いていて、AndroidやPCからのアクセスや同期の簡単なGoogleAppsを利用しています。

GoogleAppsとは独自ドメインでGoogleのサービスを使用できるようになるサービスです。

Gmail、Googleカレンダー、Googleトーク、Googleドキュメント、Googleサイトなどのサービスを独自ドメインで利用が可能になります。

私はGmailしか利用していませんが、他のサービスも利用していらっしゃる方はGoogleApssに統合してみると良いかもしれません。

追記:2012年12月6日で無償版の新規申し込みは終了されました。
【悲報】Google Apps 無償版の新規受付が終了

2012年12月5日までに無償版を使っていた方はそのままお使いいただけますが、新しいアカウントを登録することはできなくなりました。

有料版のGoogle Appsも、1ユーザー1ヶ月500円から使えますし、セキュリティや信頼性を考えると1ヶ月500円は決して高くないと感じます。(とはいえ以前は無料で使えていたものなので心情的には複雑ですが)

全文を読む» GoogleAppsを利用し独自ドメインでメールを運用する方法

現在位置:ホーム > ウェブサイト運営

ページ最上部へ移動