現在位置:Home > Movable Type



Movable Type Archive

Movable Type Open Source5.2にテーマを適用させる方法

前回のMovable Typeの解説記事ではMTOS5.2にプラグイン形式で提供されているテーマmt.Vicuna Simpleを導入する方法を解説いたしました。

前回使ったmt.Vicuna Simpleはブログ用のテンプレートのみの配布となっています。

しかし、MT5以降は、ウェブサイトとブログは独立しており、どちらも使うというのが一般的になっています。

今回はウェブサイトとブログにSEOテンプレート賢威を導入する方法を解説いたします。

賢威以外のテーマのインストールもやり方自体は同じだと思いますので、他のテンプレートを使う方も参考にしてみてください。

全文を読む» Movable Type Open Source5.2にテーマを適用させる方法

Movable Type 5.2にテーマ(mt.Vicuna Simple)をインストールする

前回のMTの記事では、Movble Type Open Source5.2をエックスサーバーにインストールする方法をご紹介しました。

今回はそのMovable Type Open Source 5.2にテーマをインストールする方法を解説いたします。

mt.Vicunaのイメージ画像

今回使用するテーマはmt.Vicuna Simple Theme Pluginというもので、プラグイン形式で配布されるテンプレートになっています。

通常のテーマの導入方法とはやり方が違いますが、通常のテーマの導入方法はまた後日解説するとして、今回は簡単にテーマが導入できるmt.Vicuna Simpleを使ってみたいと思います。

ちなみに2012年11月現在、当ブログで使っているWordPress用テーマもVicunaです。

全文を読む» Movable Type 5.2にテーマ(mt.Vicuna Simple)をインストールする

エックスサーバーにMovable Type Open Source5.2を自動インストールする手順

前回のMovable Typeの記事ではXserverにMovable Type 5.2やMTOS5.2を手動でインストールする方法を解説しました。

エックスサーバーにMTやMTOS5をインストールする場合、インストールウィザードが上手く進まない不具合があるようでしたので、mt-config.cgiを自分で作成して進める必要がありました。

前回のMTの記事を見ながらでも、インストールの手順は十分理解出来るとは思いますが、ソースをダウンロードしたり、何かと変更したりが面倒くさかったり、頭がこんがらがる方もいらっしゃるかもしれません。

今回はXserverの自動インストール機能を使い、簡単にMovable Type Open Source 5.2(MTOS)をインストールする方法と、インストール後にパーミッションを変更してセキュリティを高める方法を解説いたします。

全文を読む» エックスサーバーにMovable Type Open Source5.2を自動インストールする手順

エックスサーバーにMovable TypeやMTOSを手動インストールする方法

先日、Movable TypeのメリットやMTとMTOSの違いの解説記事を書きましたが、今回はMovable TypeとMovable Type Open Source(MTOS)のインストール方法を解説していきたいと思います。

今回はエックスサーバーを利用してMovable  TypeとMovable Type Open Sourceをインストールしていきますが、他のレンタルサーバーでも似たような方法でインストールが可能ですので、是非、参考にしてください。

まだサーバーを選択されていない方はサーバー比較。失敗しないサーバー選びの記事を参考にしてみてください。

上記のサーバーは全てMovable TypeやMovable Type Open Sourceがインストール可能になっています。

なお、エックスサーバーでは一部、手動でcgiファイルを作成しなければならないところがありましたので、そちらも解説致します。

エックスサーバーでのMT5.2のインストールにハマってしまっている方は、是非参考にしてみてください。

全文を読む» エックスサーバーにMovable TypeやMTOSを手動インストールする方法

Movable TypeとMovable Type Open SourceとWordPressを比較

私も昔はMovable Typeでいくつかのブログを運営していましたが、最近ではほとんどWordPressに変更しています。

理由はやはり、便利なプラグインが豊富だということと、再構築が不要で楽ちんという理由です。

とりあえず独自ドメインでブログを運営してみたい! という方にはWordPressをお勧めしますが、Movable TypeやMovable Type Open Sourceにもメリットはあります。

ちょっと前に、ブログをWordPressではなくMovable Typeに移転させたいというお話を受けました。

理由はWordPressでは安定してアクセスを捌ききれないという理由からです。

今回は普段WordPressを使うことが多い私が、Movable Typeのメリットについて解説していきたいと思います。

全文を読む» Movable TypeとMovable Type Open SourceとWordPressを比較

SEOにWordPressが有利なその理由とは

私がインターネットの世界へ足を踏み入れた時代にはWeblog(Blog)という物は存在していませんでした。
当時はWebサイトと言えばhtmlで作成していくのが一般的で、ホームページビルダーや、PageMillを使ったり、「通はやっぱりメモ帳に直打ちだよね」といった感じで、それは質素なWebサイトを作成していました。

しかし、htmlを作成しFTPで接続しアップロードする。
そのような作業は簡単な作業ではあるのですが、やっているうちにそれも面倒になってきました。

なので、その作業を少しでも短縮すべく、BBSのCGIScriptを少々いじくって、自分専用の日記を作ってその手間を少しでも省いていました。

その後に、日記専用のScriptが配布されたり、日記の無料レンタルサービスなど始まり、その後にBlogが流行しました。

Blogが一般に浸透し始めた頃の私は、知識がなくても簡易的な自分の日記が持てるという程度の認識しかもっていませんでした。

当時既に独自ドメインをもちいたhtmlサイトで長期運営していたこともあり(マネタイズは皆無の趣味サイトです)、htmlが書けるのならBlogは不要だと思っており、手を出していませんでした。

その後に、契約していたISP(インターネットサービスプロバイダ)が、ISP会員が無料で使えるBlogサービスを開始したので試しに使ってみたところ、案外便利で面白いということがわかりました。

早速独自ドメインで運用すべく、当時自室で動かしていたDebian GNU/LinuxのサーバーにtDiaryをインストールして「これは便利だ」と思いながらも、tDiatyはいわゆるBlogとCGIの日記プログラムの中間あたりの位置づけのような存在だったので、本格的なBlogをインストールしてみようと思い、NucleusとMovableTypeをインストールしました。 全文を読む» SEOにWordPressが有利なその理由とは

現在位置:ホーム > Movable Type

ページ最上部へ移動