現在位置:Home > SEO > 外部リンクを張るとSEO(検索ランキング)に不利?発リンクの利点



外部リンクを張るとSEO(検索ランキング)に不利?発リンクの利点

  • SEO

初心者の方でも、SEOで被リンクが重要項目ではあることは理解されている方が多いと思いますが、外部への発リンクに対してはよくわからないという方が多いのではないでしょうか。

考え方は人それぞれなのですが、私の見解では、外部への発リンクも自サイトに対してのプラスに働くと考えています。

良質なナチュラルリンクを得ることはとても難しいことですが、良質な外部リンクを張ることはちょっとした作業で実行できますのでお勧めです。

今回の記事では、外部リンクの素晴らしさを紹介したいと思います。

発リンクとは

発リンクは英語ではOutbound Linkといいまして、自サイトから外部のサイトへリンクを張ることを指します。

逆に外部のサイトから受けるリンクをInbound Linkといい、被リンクを受けるとか、バックリンクを貰うといった使い方で親しまれています。

被リンクを貰うと、そのサイトに対して投票されたとみなされアルゴリズムで処理され、ランキングを押し上げる可能性が高まりますが、発リンクもランキングを向上させる1つの指標として見ることが可能です。

 

外部のサイトへリンクを張るメリット

リンクを張ると、張られたほうのサイトのウェブマスターが気付いてリンクを張り返してくれるかもしれないのでメリットがある。

確かにそういうパターンもありますが、リンクを返してくれなかったとしてもメリットは多数存在します。

あのサイトはリンクを返してくれないのでリンクを張るのは止めておこうといった考え方は勿体ないです。

検索エンジンの本質を見れば発リンクのメリットが見えてくる

検索エンジンは、ユーザーの為になるであろうページを検索結果に返そうとします。

あなたのサイトで書かれた記事の内容を更に広げてくれるような素晴らしい外部サイトのページが存在する場合、そのページへのリンクを用意されていることはユーザーにとって非常に便利です。

検索エンジンはユーザーの為になるページを評価しますので、その発リンクは決してマイナスになることはなく、利点のみを享受することができるでしょう。

ユーザーの為になるであろうと思われるページは、検索ランキングの上位に表示される可能性が高まります。

関連性を伝えることが出来る

外部リンクが有用だと考える理由の最たるものが、この関連性の項目です。

これでもか! と言わんばかりに1つのテーマにこだわって1記事を書き上げる。

記事内のテキストでも検索エンジンに対してページのテーマを伝えることが可能ですが、そこから更に関連性の高いリンクを張ることにより、そのテーマを詳しく検索エンジンに伝えることが可能になります。

 

発リンクする際の注意点

発リンクはすればするほど有利というわけではありません。

ドメインオーソリティが高いからといって、GoogleやYahooに発リンクしたところで意味はありません。

関連性が高く、良質な記事へリンクすることが基本となります。

ちなみに私はオーソリティなどは一切見ておらず、自分が素晴らしいと思ったページに対してのみ発リンクを行っています。

自分が素晴らしいと思ったページ=来訪者が見ても素晴らしいと思うページです。

「素晴らしい記事を見つけたので皆にも紹介してあげよう」くらいの考え方で行くと良いでしょう。

ユーザーはきっと喜んでくれるでしょう。

ユーザーに喜ばれるサイトは、良質なサイトとして評価が高まります。

注意点は、いくら関連性が高いからといって、Googleのガイドラインに違反しているサイトに対してはリンクを張らないようにしましょう。

そのようなサイトにどうしてもリンクを張る必要性があるならば、rel=”nofollow”(信頼できないリンク先である宣言)をつけるのが良いと思います。

また、信頼できないリンク先というわけではないが、関連性が低いページへリンクを張る場合もrel=”nofollow”を付けると良いでしょう。

 

SEOのホワイトハットジャパンブログで積極的に発リンクしている事例

当ブログでは、毎週月曜日に外部サイトのSEO関係の優良だと思える記事をいくつか同時に紹介しています。

これは、私自信が最新のSEOニュースを勉強しながら発信するという意味合いもありますが、他の良質なSEO関係の記事を紹介することにより、当ドメインはSEO(特にホワイトハットに特化)サイトであるということを、検索エンジンに伝える為でもあります。

当ブログの状況をみますと、発リンクがマイナスになっているようなことは一切なく、明らかに恩恵を受けているように感じられます。

ユーザーに喜ばれる記事へ発リンクすることが自サイトにもプラスになることは間違いないといえるでしょう。

 

関連記事

グーグルペンギンアップデート対策。順位低下した原因を究明し対処しよう
【ホワイトハットSEO入門その1】サイトを作成するまでに決めておくべき項目
ロングテールSEO効果!!開設して3ヶ月目の当ブログのアクセス解析データ
本当に内部リンクにrel=”nofollow”は不要なのか
記事数をいくら増やしても検索からのアクセスが増えないブログの対策
被リンクの重要性。数に物を言わせるブラックハットSEOの時代は終わる

 



コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:1

このエントリーのトラックバックURL
http://whitehatseo.jp/merit-of-an-outbound-links/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
外部リンクを張るとSEO(検索ランキング)に不利?発リンクの利点 from SEOのホワイトハットジャパン
pingback from 発リンクってSEO的に効果があるの?ないの?どっちなの? | マネログ 15-05-21 (木) 20:43

[…] 外部リンクを張るとSEO(検索ランキング)に不利?発リンクの利点 […]

現在位置:Home > SEO > 外部リンクを張るとSEO(検索ランキング)に不利?発リンクの利点

ページ最上部へ移動