現在位置:Home > Movable Type > Movable Type Open Source5.2にテーマを適用させる方法



Movable Type Open Source5.2にテーマを適用させる方法

前回のMovable Typeの解説記事ではMTOS5.2にプラグイン形式で提供されているテーマmt.Vicuna Simpleを導入する方法を解説いたしました。

前回使ったmt.Vicuna Simpleはブログ用のテンプレートのみの配布となっています。

しかし、MT5以降は、ウェブサイトとブログは独立しており、どちらも使うというのが一般的になっています。

今回はウェブサイトとブログにSEOテンプレート賢威を導入する方法を解説いたします。

賢威以外のテーマのインストールもやり方自体は同じだと思いますので、他のテンプレートを使う方も参考にしてみてください。

MTOSのウェブサイトとブログにテーマを適用させる

テーマファイルを解凍する

Movable Type Open Sourceに適用させたいテーマファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルをあらかじめ解凍しておきます。

Movable Type Open Soruceにテーマをインストールするためにzipフォルダを解凍する解説画像

私はわかりやすいようにデスクトップ上に解凍しましたが、場所はどこでも大丈夫です。

サーバーにテンプレートをアップロードさせる

解凍したファイルをFTPクライアントを用いて転送させます。

ファイル数が結構な数になりますので、FFFTPよりもFileZillaのほうがストレスが少ないかもしれません。

今回はFileZillaを使って転送を行います。

Movable TypeのテーマファイルをFileZillaを使い転送する方法の解説画像

Movable Type(もしくはMTOS)をインストールしているディレクトリの中にある/themes/ディレクトリ内に、先程入手し解凍を行ったディレクトリを丸ごと転送します。

賢威5.0の場合、解凍したディレクトリの中に入っている[blog]と[site]というディレクトリを転送することになります。

全てのファイルの転送に成功したら、FTPクライアントは閉じてもらって結構です。

Movable Typeの管理画面から設定を行う

Movable Type5.xではウェブページとブログが独立した仕組みになっています。

ですので、ウェブページと、ブログそれぞれにテーマを適用させる必要があります。

ウェブサイトにテーマを適用させる

Movable Type Open Source 5.2のログイン画面の画像

まずはMovable Type(MTOS)のインストールしているディレクトリにアクセスし、[Movable Type にサインイン]をクリックして、ログインします。

Movable Type 5.2のウェブサイトにテーマを適用する手順画像

ユーザーダッシュボードにログインしたら、[ウェブサイト]を選択して、[設定]をクリックします。

 

Movable Type5.2のウェブサイトにテーマを適用させる手順の解説画像

[デザイン▼]という下向き三角をクリックして、[テーマ]をクリックします。

 

Movable Type 5.2のウェブサイトにテンプレートを適用させる解説画像

使いたいテーマ(今回は賢威MT クール版ウェブサイト(1&2カラム white)1.0)の右にある[適用]をクリックします。

 

Movable Type 5.2のウェブサイトにテーマを適用したあとに出現する再構築の確認画像

テーマが適用できたら、[再構築]というハイパーリンクをクリックします。

 

Movable Type Open Source 5.2の再構築画面の画像

[再構築]をクリックして、すべてのファイルを再構築します。

 

Movable Type Open Source5.2のウェブサイトにテーマSEOテンプレート賢威の適用に成功した画像

無事にMovable Type Open Source5.2のウェブサイトに、SEOテンプレート賢威の導入に成功しました。

ブログにテーマを適用させる

ウェブサイトのテーマにテーマを適用させた手順と、ブログにテーマを適用させる手順は、基本的にほぼ同じ作業になります。

Movable Type Open Source 5.2のブログにテンプレートを適用させる解説の画像

ダッシュボードから、[ブログ]を選択してから、[設定]をクリックします。

 

Movable Type Open Source 5.2のブログにテーマを適用させる解説画像

[デザイン▼]の下向き三角をクリックして、[テーマ]を選択してください。

 

Movable Type Open Source 5.2のブログにテンプレートを適用させる解説画像

ブログで使いたいテンプレートの右にある、[適用]をクリックします。

今回は賢威MT クール版ブログ(1&2カラム white) 1.0 を選択しました。

 

Movable Typeのブログのテンプレートを適用させた後の確認画面の画像

設定を有効にするために再構築してください。 というメッセージが表示されたら、[再構築]をクリックします。

 

MTOS5.2の再構築の確認画面

再構築の確認画面がでますので、すべてのファイルを再構築します。

 

再構築完了画面の画像

再構築が完了したら、[サイトを見る]のハイパーリンクをクリックしてみましょう。

 

Movable Type Open Source5.2のブログにSEOテンプレート賢威が適用された時の画面の画像

ブログにも無事にテンプレートが適用されました。

以前に適用していたテンプレートの画面になった場合、一度ブラウザをリロードしてみると、新しいテーマが適用された画面になると思います。

テンプレートの導入方法の解説は以上になります。

お疲れ様でした。

関連記事

Movable Type 5.2にテーマ(mt.Vicuna Simple)をインストールする
エックスサーバーにMovable Type Open Source5.2を自動インストールする手順
エックスサーバーにMovable TypeやMTOSを手動インストールする方法
Movable TypeとMovable Type Open SourceとWordPressを比較
ロングテールSEOまとめ
検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書は今読んでも色褪せない
パンダアップデート対策まとめ
グーグルペンギンアップデート対策
サーバー比較。失敗しないサーバー選び
ドメインを取得してライバルに差をつけよう



コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://whitehatseo.jp/movable-type-open-source5-2%e3%81%ab%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%82%92%e9%81%a9%e7%94%a8%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
Movable Type Open Source5.2にテーマを適用させる方法 from SEOのホワイトハットジャパン

現在位置:Home > Movable Type > Movable Type Open Source5.2にテーマを適用させる方法

ページ最上部へ移動