現在位置:Home > Movable Type > Movable TypeとMovable Type Open SourceとWordPressを比較



Movable TypeとMovable Type Open SourceとWordPressを比較

私も昔はMovable Typeでいくつかのブログを運営していましたが、最近ではほとんどWordPressに変更しています。

理由はやはり、便利なプラグインが豊富だということと、再構築が不要で楽ちんという理由です。

とりあえず独自ドメインでブログを運営してみたい! という方にはWordPressをお勧めしますが、Movable TypeやMovable Type Open Sourceにもメリットはあります。

ちょっと前に、ブログをWordPressではなくMovable Typeに移転させたいというお話を受けました。

理由はWordPressでは安定してアクセスを捌ききれないという理由からです。

今回は普段WordPressを使うことが多い私が、Movable Typeのメリットについて解説していきたいと思います。

MovableTypeメニュー

Movable Type(MT)とは

Movable Typeとは通称MTと呼ばれているシックス・アパート社が開発しているCMSです。

当ブログはWordPressというCMSを用いて運用していますが、Movable Typeの人気の高いCMSです。

オープンソースとして無料で公開されているWordPressと異なり、有料のライセンスを購入するか、個人利用にのみ許される個人無料ライセンスを取得しなければ使えません。

WordPressとMovable Typeの大きな違いは、サイトの出力方式がWordPressは動的なことに対してMovable Typeは静的ページを出力します。

動的出力のWordPress

WordPressは動的ページですので、ユーザーがアクセスした際にデータベースから情報を取り出してきてそれらを組み立てて表示させます。

ブログ管理者が再構築という作業を行わなくてもユーザーはアクセスできますが、ユーザーがアクセスして来るたびに複雑な処理を行うことになり、静的出力に比べサーバーへの負荷が非常に高くなります。

アクセスがあまり多くないサイトの運営に適しているでしょう。

静的出力のMovable Type

Movable Typeは静的ページですので、データベースに収納した情報を再構築という作業を行いhtmlファイルへと出力させます。

再構築という作業は比較的サーバーへの負荷が高い作業になるのですが、一度htmlページを作成してしまえそれ以降の負荷は非常に少なくすみます。

アクセスが多いサイトの運営に適しています。

ライセンスについて

Movable Typeを使用するにはライセンスを取得する必要があります。

個人が日記を書くのであれば、個人無償ライセンスを取得することができます。

企業、法人、商用サイトの場合は有償ライセンスを購入する必要があります。

個人無償ライセンス

1つのサーバーにMovable Typeを1つインストールすることができて、ユーザー数の制限はありません。

WordPressと異なり、Movable Typeは1つインストールすればいくつでもブログを構築することができます。
ブログの構築数は無制限です。

ただし、企業、法人、商用サイトでは使用できません。

サポートはありませんが、サポート権を年額10,500円で別途購入可能です。

また、個人無償ライセンスではMovable Typeへのリンクを張ることが義務付けられています。

Powered by Movable Typeの表記を外したい方は有料のライセンスを購入するか、MTOSを使いましょう。

 

1サーバー5ユーザー版

価格:63,000円

1つのサーバーにMovable Typeを1つインストールすることが出来て、ユーザー(ブログの投稿者)は5名まで登録が可能なシステムです。

ブログの構築数は無制限です。

1年間のサポート付きです。

1サーバー無制限ユーザー版

価格:126,000円

1つのサーバーにMovable Typeを1つインストールすることができて、ユーザーの数が無制限なシステムです。

ブログの構築は無制限です。

1年間のサポート付きです。

Movable Type Open Source(MTOS)との違い

Movable Type Open SourceはMovable Typeのコア部分をGPLで無料配布されているものです。

MTとMTOSはほぼ同じものなのですが、MTOSには、カスタムフィールドとコミュニティ機能が搭載されていません。

通常のブログとして利用するのなら不要な機能ですし、MTOSにカスタムフィールドによく似た機能を実装する方法もありますので、個人無償ライセンスの範疇で収まらないがお金を払ってライセンスを購入したくない方はMTOSを選択するのも良いでしょう。

他の注意点としてはMovable Type用に作られたプラグインは、MTOSでは動作しない可能性があるということです。

Movable TypeとMTOSのメリット

静的出力

メリットは前述した通り、静的にhtmlファイルを出力できる点です。

WordPressはデータベース周りがボトルネックとなり、htmlで作られたサイトに匹敵する表示速度は出せません。

Movable TypeやMTOSでは静的出力を生かしたレスポンスの良いサイト作りが可能です。

また、現行の最新版であるMovable Type 5.2やMovable Type Open Source 5.2はデータベースがMySQLのみ対応となっているのですが、Movable Type 4.xxまでならSQLiteが利用できるため、さくらレンタルサーバーのライトプラン(月額125円)でも運用が可能です。

Movable TypeやMTOSは、アクセスが多いサイトでも比較的安価なサーバーでアクセスを捌くことが可能になるのがメリットといえます。

WordPressはアクセスが少ないサイトでは負荷に悩まされることは比較的少ないのですが、ある程度アクセスが増えてくると快適に稼動させることが難しくなってきます。
専用サーバーやVPSでnginx+FastCGIの組み合わせることにより相当の高速化が可能なのですが、金額的にも技術的にも非常に敷居が高くなります。

比較的安価なサーバーで大量のアクセスが見込まれるサイトを設計する際にはMTもしくはMTOSを選択すると良いかもしれません。

個人ブロガーですとWordPressを使われてらっしゃる方が多いですが、ある程度大きい規模のサイトになるとWordPressからMovable Typeに乗り換える案件も多いです。

また、データベースが破損した場合、WordPressだと閲覧不可能になりますが、Movable TypeやMTOSの場合、htmlファイルが既に生成されているのでダメージが少ない事がメリットといえます。

ライセンスは有料だがサポートがある

お客様のサイトを構築する際、シックス・アパート社が最後の尻ぬぐいをしてくれるということは金額以上のメリットになります。

Movable TypeとMTOSのデメリット

再構築が面倒

運営側の視点でみると、再構築でhtmlを書き出すのに時間が掛かるのが最大のデメリットといえるでしょう。

私も昔はMovable Typeを使っていたのですが、再構築が不要なWordPressに乗り換えたときは感動しました。

各種プラグインの絶対数が少ない

WordPressの場合、「こんな機能があったらいいなー」と思った時にYahooでググると、大抵の場合、お望みのプラグインが見つかります。(普通にGoogleでググっても見つかります)

Movable Typeでも便利なプラグインは各種提供されているのですが、WordPressに比べると少ないです。

また、解説サイトもWordPressに比べ少ないです。

Movable Type、MTOS、WoardPress(WP)との比較表

Movable TypeとMTOS、WordPressの比較を表にしてみました。

MT(有償) MT(個人) MTOS WP
料金 5ユーザー:63,000円
無制限:126,000円
無料
サポート 初年度無料。
2年目から年額10,500円
購入可:10,500円 なし
ライセンス 購入したライセンスによる 1人1インストール GPL
言語 Perl PHP
サーバー負荷 再構築時以外は低い 左に同じ 比較的高い
画面表示 速い 遅い
プラグイン WPに比較すると少ない MT用は動作不明 豊富
解説サイト 最近では少ない 豊富

MT、MTOS、WPの中でどれを選べば良いのか

結局は、使い道によるでしょう。

Movable Typeに比べWordPressがSEOの観点でみて劣っているといったことはありません。
(Googleはサイトの表示速度も検索ランキングを決定付ける要因の1つとしていますので、MTのほうが表示が早い分、微妙に有利とさえいえますが、あくまで要因の1つでしかありませんので、WordPressはSEOに不利であるとか、Movable TypeはSEOに強いなどと飛躍した発想をしないでください)

MTやMTOSはこのような人にお勧め

  • PHPやMySQLの使えない安価なサーバーで運営したい
  • 表示速度がはやいサイトにしたい
  • アクセスが非常に多い(または多くなる)サイトの運営

一般的なレンタルサーバーを借りて普通に運営するのであれば、個人的にはWordPressをお勧めします。

WordPressはMTより表示速度が遅いとはいえ、キャッシュプラグインや高速化のTipsも沢山ありますので、MTに比べて圧倒的に遅いというほどではありません。

かゆいところに手が届く便利なプラグインや、数々の解説サイトがありますので、「独自ドメインでブログをやってみたい」という初心者の方にはWPをお勧めします。

Movable Typeは少しでも安いサーバーで運営する必要がある方や、アクセスは多いがサーバーにあまり予算を掛けられないサイト、非常にアクセスが多いサイトの運営に適しているように思います。

 

関連記事

SEOにWordPressが有利なその理由とは
新規サイトを立ち上げる際に注意しなければならない重要なポイント
Movable TypeやWordPressが使えるサーバー比較
【初めてのWordPress】ドメインを取得してライバルに差をつけよう
【初めてのWordPress】エックスサーバーにWPを簡単にインストールする方法
WordPressインストール直後に入れておきたい21個+αのプラグイン
私が愛用している無料で使える素敵なWindows用のフリーソフト13個
Yoastプラグインを使いセクションでG+と紐付け検索結果に著者情報アイコンを表示させる方法
Twitter CardsをWordPressで設定し概要を表示させる方法



コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://whitehatseo.jp/movable-type%e3%81%a8movable-type-open-source%e3%81%a8wordpress%e3%82%92%e6%af%94%e8%bc%83/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
Movable TypeとMovable Type Open SourceとWordPressを比較 from SEOのホワイトハットジャパン

現在位置:Home > Movable Type > Movable TypeとMovable Type Open SourceとWordPressを比較

ページ最上部へ移動