現在位置:Home



SEOのホワイトハットジャパン

本当に内部リンクにrel=”nofollow”は不要なのか

  • 2012-02-10 (金)
  • SEO

かつてはリンクの数を制限すると、1つのリンクに対して流れるリンクジュース(ページランク、PR)を制御することが可能でした。

例えば1つのページが持っているPRが10ポイントだと仮定すると、そこから5本リンクを打つと5つのページに対して2ポイントづつ均等にページランクが分配されていました。
(数字は概念上のもので、実際の数値とは異なります)

そこで、5本リンクを張る際に、リンクジュース(PR)を流したいページに対してリンクを張り、流したくないページには全てrel=”nofollow” をつけるという手段が編み出されました。

PageRankスカルプティングという古い手法です。

例えば上の例でいえば、リンクジュースを流したいサイトが一つ。残りの4ページにrel=”nofollow” をつけることにより、1つのサイトに10ポイント。残りのサイトには0ポイントのリンクジュースの配分となるといった感じです。

しかし、Google検索エンジンのアルゴリズムが変更されたことにより、rel=”nofollow” がついたページにはページランクは渡らない。そして、渡らなかった分のページランクは消滅する仕様になりました。

つまり、5本リンク(うち4本はrel=”nofollow”)の場合、1つのページに対して2ポイントのページランクが渡り、残りの4ページに渡るはずであった8ポイントはrel=”nofollow” であるので、消滅してしまいます。

PageRankスカルプティングはもはや使えなくなってしまいました。

では、内部リンクにrel=”nofollo” を付ける意味は全くないのであろうか。

あくまで私の見解ですが、まだまだ、使い道はあると考えています。

なお、rel=”nofollow”についての詳しい解説はrel=”nofollow” 属性の解説とその使い方の記事をご覧ください。

2015年4月6日追記:今現在では、私個人としてはnofollowでリンクジュースをコントロールする手法は使っていません。満足行く結果が確実に再現できるわけではないですし、最近では有効性はあまり感じられません。但し、クローラーにとって不要なページヘのリンク、ウェブスパムを行っていそうな信頼性の低いサイトへのリンク、関連性が低いページヘのリンクなどは今でもnofollow付けるようにしています。

全文を読む» 本当に内部リンクにrel=”nofollow”は不要なのか

ページランクメジャーアップデートの結果を考察

  • 2012-02-08 (水)
  • SEO

2012年2月6日にGoogleツールバーのページランクの更新が確認されました。

当ブログは、2012年1月12日に解説したばかりですが、早速ページランク2を頂戴しております。

ページランクが高ければ検索順位で上位に表示されるかといえば、そういうものではないのですが、ブラックボックスな検索エンジンの仕組みの中でも数少ない視覚化できる数値データですので、上がった下がったと楽しむ分には全く問題はないと思います。

あくまでツールバー上でリンクジュースの流れを擬似的に可視化して表示しているだけですので、高ければ良いというものではありません。

しかし、リンクジュースの流れをイメージしやすくなりますので、システムを理解しておいて損はないかと思います。

2015年4月5日追記:2013年12月6日を最後にPageRankのメジャーアップデートは行われていません。またGoogleのジョン・ミューラー氏がおそらく今後はPageRankの更新を行わないとアナウンスしているところからも、もはや過去のデータと言って良さそうです。

全文を読む» ページランクメジャーアップデートの結果を考察

リーズナブルサーファーモデルやSEOを理解できる思考方法など4つ

  • 2012-02-06 (月)
  • SEO

ホワイトハットSEOやロングテールSEOについて色々と解説して行こうと思って立ち上げたホワイトハットジャパンですが、当ブログは対象ユーザーが初心者向けということもあり、まずは初心者向けの記事の充実をはかっている最中です。
(上級者は当ブログの内容は全て理解していると思いますので)

しかし、初心者の方にも、最新の優良な記事を読んで頂きたいと思い、先週のホットな記事の中で私が特に目をつけた記事を紹介していきたいと思います。

毎週月曜恒例としてピックアップ記事を書いていければ良いなぁと思います。
(来週さっそく更新を忘れていたら指摘してください)

全文を読む» リーズナブルサーファーモデルやSEOを理解できる思考方法など4つ

WordPressインストール直後に入れておきたい21個+αのプラグイン

前回の記事ではWordPressをサーチエンジンに最適化させる基本設定を解説しました。

その状態でもSEOに強い素晴らしいブログになってはいるのですが、プラグインを導入することによって、更に便利で高性能なシステムを構築することができます。

「こんなこといいな。できたらいいな」という機能を思いついたら検索エンジンで検索してみれば望みの機能を備えたプラグインが見つかることが多いです。

例えばWordPressの表示速度の遅さを改善したい場合なら、GoogleやYahoo検索で「WP プラグイン 高速化」といった感じで検索すれば、きっとぴったりのプラグインの紹介ドキュメントが見つかります。

プラグインの豊富さこそがWordPressの最大のメリットといっても過言ではなく、難しい機能も比較的簡単に導入できますので、初心者でも簡単にWordPressをカスタマイズできます。

SEOのホワイトハットジャパンのブログでも色々なプラグインを導入し便利な機能を追加していますので、特にお勧めのプラグインを紹介していきたいと思います。

全文を読む» WordPressインストール直後に入れておきたい21個+αのプラグイン

【初めてのWordPress】初期設定をSEOに有利な設定に変更しよう

前回の記事ではWordPressのテーマの設定方法を解説しました。

今回はお薦めの基本設定を解説していこうとおもいます。

WordPressは初期設定の状態でもSEO的な観点から見ると有利なCMSです。
しかし、基本設定をほんの少しこだわるだけで、更に検索エンジンに有利な仕組みが作れます。

今回設定する項目

今回はこの6つの設定をやっていきたいと思います。
とはいっても、初期設定でokの項目もありますし、難しい物ではないので、一度ご確認ください。

ちなみに、この中でSEO的に最重要なのは、パーマリンクの設定です。
お見逃しなきよう。

画像はクリックで拡大されますので、気になる画像があれば大きくして閲覧してください。

全文を読む» 【初めてのWordPress】初期設定をSEOに有利な設定に変更しよう

【初めてのWordPress】WPにテーマ(テンプレート)を適用させよう

さて、前回の初めてのWordPressでは、エックスサーバーにWordPressをインストールするところまで説明いたしました。

ここからは自由に作業してもらえばいいのですが、テーマ(テンプレート)を変更して好みの見た目にしたり、便利なプラグインをあらかじめ導入しておいて更にSEOに強くしたり、管理を楽にすることもできます。

今回はプラグインより先に、テンプレートを導入してみたいと思いますが、サーバー設定→WordPressインストール→テンプレート設定→プラグイン設定→WordPress詳細設定までが一連の流れとなっています。

全てを終らせて導入完了だと思ってください。

導入する方法はWordPress管理画面からテーマを直接選んで導入する方法と、テーマの配布先からダウンロードしてきてアップロードし適応する2種類の方法があります。

見た目で選びたい場合、管理画面から直接テーマを選んで気に入った物を選ぶといいでしょう。

ホワイトハットジャパンではソースが美しく初心者にも管理がしやすく、また、SEOにも強い無料テーマという理由でwp.Vicuna(公式サイトがなくなってしまい、オールドドメイン利用のスパムサイトに変更されていたためリンクを外しました)の改造版であるwp.Vicuna.excを使っています。

Vicunaは管理画面から直接選んでインストールすることはできませんので、ファイルをダウンロードし手動でアップロードし適用させます。

今回はどちらの方法も解説していきたいと思います。

2015年4月4日追記:Vicunaは良いテーマだったのですが、公式サイトは閉鎖されてしまっていますし、レスポンシブ・ウェブデザインにも対応ですので、今使うのでしたら他のテンプレートのほうが良いかと思います。

例えば賢威6.2ならSEOにも強くレスポンシブ対応ですし、賢威コミュニティも利用できます。無料のテーマですとSTINGER5が評判良いようです。

全文を読む» 【初めてのWordPress】WPにテーマ(テンプレート)を適用させよう

SEOはしないよりするほうが有利

  • 2012-01-23 (月)
  • SEO

Googleのアルゴリズムは日進月歩。

「コンテンツ イズ キング」が声高に叫ばれるご時勢です。

半端なスパム的手法はGoogleに見破られてしまい、逆効果になると言われています。

2015年4月4日追記:最近ではコンテンツ・マーケティングやコンテンツSEOという言葉もよく耳にします。皆もコンテンツの重要性に気付いたということでしょう。

「コンテンツ作りに集中し、SEOなんてしないほうがいいのではないか」

と思う方もいらっしゃるかも知れません。

もちろん、優れたコンテンツを作ることが一番大事ではあります。そもそも検索者の気持ちになってコンテンツを作ることもSEOですから、検索ユーザーの疑問に答えるコンテンツを公開することはSEOを実践しているといえます。

しかし、それ以外にもページの構造を検索エンジンに上手に伝えるSEOも行っておいたほうがいいに決まっています。

コンテンツの最適化は、一度記事を公開してしまえばそれで終了という類のものではなく、検索ユーザーの文脈に沿ったものを常にアップデートし続ける必要があります。

それに対し、ソースコードの調整やマークアップの最適化は、一度やってしまえばずっとそのまま行けますので、無駄はありません。

ですので、コンテンツをフックとしたSEOも、検索エンジン向けのソースコードの修正、マークアップといった内的SEOも、どちらも重要と言えるでしょう。

全文を読む» SEOはしないよりするほうが有利

【初めてのWordPress】エックスサーバーにWPを簡単にインストールする方法

シリーズ、【初めてのWordPress】第2弾の記事になります。

前回の記事でお名前.comでドメインを取得し、エックスサーバーにDNSの設定を向けました。

まだご覧になっていない方は、【初めてのWordPress】ドメインを取得してライバルに差をつけよう の記事を読んでからこちらの記事をご覧になる事をお薦め致します。

今回の記事では、WordPressのインストール完了までの作業を解説していきたいと思います。

前回の解説したドメイン取得とサーバーの設定も、記事の内容を見ながら行って頂ければ決して難しい作業ではなかったかと思います。

今回も前回同様、画像も用いながら詳しく解説していきますので、非常に簡単に導入することが出来るかと思います。

本記事を見ながら順番に進めていけば、あっけなくインストール成功することでしょう。

追記:手動インストールのやり方も解説しました。→XserverにWordPressを手動インストールする手順

全文を読む» 【初めてのWordPress】エックスサーバーにWPを簡単にインストールする方法

【初めてのWordPress】ドメインを取得してライバルに差をつけよう

SEOのホワイトハットジャパンでは、独自ドメインとWordPressを用いたブログを推奨しています。

今回から数回にわたり、初心者でも簡単に独自ドメインとWordPressを導入し、テンプレートやプラグインを導入しチューニングできるように、画像付きでわかりやすく解説していきたいと思います。

以前の記事で、SEOにWordPressが有利なその理由とはという記事と、独自ドメインのブログが無料レンタルブログより有利な色々な理由という記事を書いていますので、まずはそちらからご覧ください。

なお、独自ドメインの取得はお名前.com。使用するサーバーはエックスサーバーで行いますので、別のサーバーや別のドメインレジストラを利用する場合は、そちのらサイトの説明や解説サイトを参考に読み替えてください。

エックスサーバー以外のサーバーを検討したい方は、レンタルサーバー比較の記事をご覧くださいませ。

全文を読む» 【初めてのWordPress】ドメインを取得してライバルに差をつけよう

WordPressが使えるサーバー比較。失敗しないサーバー選び

レンタルサーバー比較

私は現在、メインのレンタルサーバーにエックスサーバー、サブのサーバーにXreaを使っています。

お薦めはなんといっても簡単に管理できて、サーバーの安定度もずば抜けているエックスサーバーなのですが、月額1050円はちょっと抵抗がある。 という方もいらっしゃると思います。

そこで、エックスサーバーの素晴らしい点や、それ以外の選択肢も出して、納得の行くサーバー選びをして頂きたいと思います。 全文を読む» WordPressが使えるサーバー比較。失敗しないサーバー選び

ロングテールSEOでアクセスアップを狙う その手法とは

  • 2012-01-20 (金)
  • SEO

ホワイトハットな手法にこだわったSEOを施していくにあたって、出来ること、やるべきことはさほど多くはありません。

限られた手段を駆使して、Googleの検索結果上位を目指していくことになります。

2015年4月3日追記:ホワイトハットSEOでできる事、やるべきことといった取り組みは無数にあります。恥ずかしながら、この記事を書いた当時の私は視野が狭すぎました。今後は今以上に広い視野を持って有意義なコンテンツを発信していきたいと思います。

最も効果的な手法は、ロングテール狙いのSEOです。

ロングテール(The Long Tail)とは、インターネットを用いた物品販売の手法、または概念の1つであり、販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃えることで、総体としての売上げを大きくするものである。 | ウィキペディアより引用

とあるように、幅広いジャンルの商品をたくさん集めることによって、見込み客を引きこみます。

テクニックでいうロングテール狙いのSEOとは、商品の意味をそのまま、キーワードに変えてみるとわかりやすくなります。

今回はそのロングテール狙いの考え方と、ちょっとしたテクニックを紹介していきます。 全文を読む» ロングテールSEOでアクセスアップを狙う その手法とは

SMO(ソーシャルメディア最適化)の必要性とその利点

  • 2012-01-18 (水)
  • SMO

SMOとはソーシャルメディアオプティマイゼーションの略で、ソーシャルメディア最適化という意味です。

ソーシャルメディアとは主にSNS(ソーシャルネットワークサービス)の事を指し、古くはMixi、今ではTwitterやFacebookが主流となってきており、Google+が徐々に力をつけてきているようです。

2015年4月3日追記:と思いましたが、Google+は未だパッとしませんね。使いやすいSNSだとは思うのですが一般受けが悪いようです。現状、Facebookが強すぎるといったところでしょうか。

そのソーシャルメディアに最適化の狙いは、「生の声を判断材料にできる」「口コミがSNS経由で一気に拡散する」「SNS経由で知った内容をBlogで言及されることによる被リンク獲得」「一気に拡散された際、検索エンジンはその元の記事のサイトを一時的に上位表示させるシグナルとして用いる」等、いくつもの利点があります。

SEOと同じく、SMOも無料で行うことができますので、やれるところからやってみて損はないと思います。

SMOもSEOと同じでいくつか方法がございますので、ご自身のサイトやご自身のスタイルにあった方法でSMOを行っていっても頂ければ幸いです。 全文を読む» SMO(ソーシャルメディア最適化)の必要性とその利点

新規サイトを立ち上げる際に注意しなければならない重要なポイント

  • 2012-01-17 (火)
  • SEO

今貴方は、Webサイトを立ち上げようと考えています。(考えていないかも知れませんが、考えているとします)

初めて作るサイトが何の失敗もなく、どんどん成長していくことはほとんどないでしょう。

初めて作ったサイトがヒットして、安定したアクセスやコンバージョンを得ることは珍しくはありませんが、やはり、成功の中にも小さな失敗というものは無数にあると思いますし、中には大きな失敗をしてしまって、リカバリー作業を余儀なくされた方もいらっしゃるのではないかと思います。

Webサイトという物は、実際に作ってみて初めてわかる事や気づくことがたくさんあります。

様々な問題点も出てきます。ぶつかったそれらの困難を乗り越えてこそ更なる成長が約束されます。

今回はサイト立ち上げの際に注意しなければならないポイントを詳しく解説していきます。

この記事をしっかりと熟読しても、きっと小さな失敗や、大きなミスを犯してしまうことさえあるとは思いますが、あらかじめ知っておく事によって回避可能なミスは回避しておくほうが良いに決まっています。

なお、当記事はロングテール集客でアクセスを狙い、読者の信頼を獲得して顧客への成長を促す仕組みで集客を行う、比較的小さい規模のサイトを想定して書いています。

大規模なサイトを想定している方にはいまいち役立たない解説が紛れているかも知れませんが、大規模なサイトを作ろうと考えている方のお役にもなるはずです。

当記事は独自ドメインでWordPressを用いて運用する前提で書いています。

なぜ独自ドメインとWordPressを利用するかは以下の記事を参考にしてください。 全文を読む» 新規サイトを立ち上げる際に注意しなければならない重要なポイント

独自ドメインのブログが無料レンタルブログより有利な色々な理由

  • 2012-01-15 (日)
  • SEO

当ブログはwhitehatseo.jpという独自ドメインを取得して運営しています。
ブログというとFC2やライブドアブログのような、無料で取得できるレンタルブログが一般的ではありますが、SEO的な観点や安定した長期運営を考えると、独自ドメインを取得する事をお勧めします。

独自ドメインで運営といっても、さほど難しい作業ではありません。

本当にレンタルブログを借りる作業に毛が生えた程度の作業で独自ドメインを持つことができます。

.com や .net といったgTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)なら年額1,500円程度で利用できますし、当Blogで使用している.jpというccTLD(カントリーコードトップレベルドメイン)でも年額3,000円程度。
私が運営している別ブログ(当ブログと全く関連性が無いのでURLは貼りませんが)で使っている.tvドメインで4,000円程度、 .meドメインで2,500円程度の費用で取得、維持することが可能になっています。

.infoや.biz .orgのような不人気なTLDですと、初年度100円程度で取得することが可能なキャンペーンが行われている場合もあります。

ちなみに私は、まだサイトを立ち上げてはいませんが、http://リンク.bizという日本語.bizのドメインも所持しています。

今回の記事では、独自ドメインが有利なその理由を解説していきたいと思います。 全文を読む» 独自ドメインのブログが無料レンタルブログより有利な色々な理由

SEOにWordPressが有利なその理由とは

私がインターネットの世界へ足を踏み入れた時代にはWeblog(Blog)という物は存在していませんでした。
当時はWebサイトと言えばhtmlで作成していくのが一般的で、ホームページビルダーや、PageMillを使ったり、「通はやっぱりメモ帳に直打ちだよね」といった感じで、それは質素なWebサイトを作成していました。

しかし、htmlを作成しFTPで接続しアップロードする。
そのような作業は簡単な作業ではあるのですが、やっているうちにそれも面倒になってきました。

なので、その作業を少しでも短縮すべく、BBSのCGIScriptを少々いじくって、自分専用の日記を作ってその手間を少しでも省いていました。

その後に、日記専用のScriptが配布されたり、日記の無料レンタルサービスなど始まり、その後にBlogが流行しました。

Blogが一般に浸透し始めた頃の私は、知識がなくても簡易的な自分の日記が持てるという程度の認識しかもっていませんでした。

当時既に独自ドメインをもちいたhtmlサイトで長期運営していたこともあり(マネタイズは皆無の趣味サイトです)、htmlが書けるのならBlogは不要だと思っており、手を出していませんでした。

その後に、契約していたISP(インターネットサービスプロバイダ)が、ISP会員が無料で使えるBlogサービスを開始したので試しに使ってみたところ、案外便利で面白いということがわかりました。

早速独自ドメインで運用すべく、当時自室で動かしていたDebian GNU/LinuxのサーバーにtDiaryをインストールして「これは便利だ」と思いながらも、tDiatyはいわゆるBlogとCGIの日記プログラムの中間あたりの位置づけのような存在だったので、本格的なBlogをインストールしてみようと思い、NucleusとMovableTypeをインストールしました。 全文を読む» SEOにWordPressが有利なその理由とは

SEOのホワイトハットジャパンへようこそ

  • 2012-01-12 (木)
  • SEO

SEOのホワイトハットジャパンへようこそ。

このブログは、ロングテールでスモールワードを狙いアクセスを増やしていく手法を基本に解説していくBlogです。

ホワイトハットにこだわった手法で検索エンジンから嫌われにくいサイト作りを紹介していきたいと思います。

ロングテール集客は難しいSEOではありません。

最低限の知識やテクニックを身につけておけば、あとは良い塩梅でキーワード(共起語)を含ませた記事を書く。質の高い記事を提供する。更新し続ける努力。これらの作業が出来れば比較的簡単に集客することが可能です。

最初は記事を1ページ書くだけでも大変な時間が掛かるでしょうし、上手く手順通りに進まなかったりと、苦労することになりますが、10記事、20記事と積み重ねていくうちに、自分の中でコツを必ず掴みますのでご安心ください。

もちろん、ロングテールSEOだけに絞った解説ではなく、検索ユーザー体験を大事にしたコンテンツで信頼を獲得して引き合いを増やす王道的な手法も解説していきます。

全文を読む» SEOのホワイトハットジャパンへようこそ

20 / 20« 先頭...10...1617181920

現在位置:Home

ページ最上部へ移動